機械工学プログラムの学習・教育到達目標

〜高い課題設定・解決能力を備えた実践的・創造的技術者の育成〜

学習・教育目標(キーワード:JABEE「基準1」(1)-(a)(h)の該当要件)

 以下の【A】〜【E】の各学習・教育目標の下に示す(A1)(A2)(B1)‥‥等は,具体的な学習目標と対応する主な科目名を示す。
 また,学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ学習・教育到達目標と評価方法及び評価基準,及び 学習・教育到達目標に対するカリキュラム設計方針 はリンク先PDFファイルに示す。

A.もの創りを通じて社会に貢献できること。(社会との関連:a, b, d, e

A1)社会の工学に対する要請を認識でき,機械工学との関連を理解している。(先端技術特論,校外実習,インターンシップ)

A2)技術が,社会・文化との関わりの中でどのように発展してきたか理解している。(技術史,技術者倫理)

B.技術者を職業とすることに必要な知見を有すること。(基礎学力:c, d, g, h

B1)豊富な実験・実習に裏付けられた基礎学力を身につける。(電子機械工学特別実験,工学実験)

B2)自然科学と工学の基礎領域について十分な知見をもつ。

   (B2-1)数学に関する知識とその工学的応用力の修得

   (B2-2)物理に関する知識とその工学的応用力の修得

   (B2-3)情報技術に関する知識とその工学的応用力の修得

C.問題点を理解し,解決への道筋を創造的かつ継続的に実践できること。(問題解決能力:d, e, g, h

C1)問題を見いだし,それについて適切な実験を計画し,必要な結果を得ることができる。(特別研究,卒業研究)

C2)問題点の把握と解決策の提案を可能にする基礎能力が身に付いている。

   (C2-1)「材料と構造」に関する専門知識の修得

   (C2-2)「運動と振動」に関する専門知識の修得

   (C2-3)「エネルギーと流れ」に関する専門知識の修得

   (C2-4)「情報と計測・制御」に関する専門知識の修得

   (C2-5)「設計と生産・管理」に関する専門知識の修得

   (C2-6)「機械とシステム」に関する専門知識の修得

D.専門技術に関して見解を表明できるとともに,討議ができること。(コミュニケーション能力:a, d, e, f

D1)適切な日本語を会話や文章で駆使できるとともに,英語による基礎的コミュニケーションができる。(日本の言葉と文化,特別研究,卒業研究)

D2)口頭,文書,グラフ,図を用いて自分の考えを効果的に伝えることができる。(総合英語I,II,技術英語,上級英語表現)

E.社会や技術に関する倫理観をもつこと。(責任・倫理:a, b, e

E1)自らのものの見方の背景に日本の文化があることを認識できる。(歴史学,日本の言葉と文化,技術史)

E2)機械工学技術者として実践の場面で倫理的価値判断ができる。また,工学的問題の解決策が,文化や環境に与える影響を理解している。(技術者倫理,環境保全)

 

【平成15年度 機械工学科在校生,専攻科生および機械工学科卒業生(1〜35回生:140名)のアンケート結果(平成15年7月)に基づいて設定:平成15年10月】【JABEEの方針修正および学生との懇談会(平成17年1月)をもとに修正:平成17年1月】

 

1)機械工学プログラムの設定

 上記の機械工学プログラムは,豊田工業高等専門学校(以下,本校)機械工学科4,5年と専攻科(電子機械工学専攻[専攻区分:機械工学)1,2年の計4年間で構成されている教育プログラムである。その学習・教育目標は,機械工学科と専攻科のそれぞれの教育内容を基礎として構成されている。

 

2)機械工学プログラムの公開

 本校在学中の機械工学科学生に対しては,全員に対して「機械工学プログラム」設定後各教室に掲示するとともに,プログラム責任者(機械工学科主任)と指導教官が「機械工学プログラム」の概要を説明した。専攻科進学予定者に対しては,プログラム責任者が専攻科学生募集要項と専攻科パンフレットを配布して「機械工学」プログラムのより詳しい説明を行っている。また,専攻科(電子機械工学専攻[専攻区分:機械工学])学生に対しては,「機械工学プログラム」設定後専攻科棟玄関に掲示するとともに,プログラム責任者(機械工学科主任)と専攻科指導教官が「機械工学プログラム」の概要を説明した。

  学内に対する公開は,機械工学科棟掲示板に「機械工学プログラム」を掲示するとともに,学外に対する公開も考慮して本校ウェブサイトにおいて学内外に公開している。

 

3)学習・教育目標とJABEE「基準1」(1)-(a)(h)の該当要件との関係

  本プログラムにおける学習・教育目標とJABEE「基準1」(1)-(a)(h)の該当要件との関係について以下に示す。

学習・教育目標【A】では,工業出荷額全国第1位の愛知県の中でも突出した「もの創りの地」である豊田市を地元に持つ本校の伝統を背景に,社会が機械系技術に求めているものを敏感に捉え,それを実現することを通じて社会に貢献していこうという,本教育プログラムのめざすべき方向を明確にしている.したがって,学習・教育目標【A】はJABEE「基準1」の(1)-(d4)「基準1」の(1)(d4)「プログラムの示す領域において,技術者が経験する実際上の問題点と課題を理解する能力(専門的課題の設定能力)」および(e) 「種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力」に対応する.

学習・教育目標【B】では本教育プログラムの特色でもある後期中等教育課程に相当する本科1〜3年次に引き続く一貫教育により,若年より実験・実習を通して主体的に学ぶ姿勢を身につけ,技術者として生きていく上で必要な実務能力の基礎を身につけることをねらいとしている。高等専門学校の特長である豊富な実験・実習で培われる実践に裏付けられた体系的な基礎知識のうえに,さまざまな工学的手法や理論の理解を通じて実践的な技術の修得に努めるものである。したがって,学習・教育目標 ()は,「基準1」の(1)では,主として(c)「数学,自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力」,(d1) 「プログラムの目標実現に必要な基礎となる数理法則と物理原理に関する理論的知識(専門に関する基礎学力)」および(g)「自主的,継続的に学習できる能力」に対応している。

学習・教育目標【C】は,(C-1) 「問題を提起し,解を導く能力」と (C-2) 「問題解決能力を裏付ける各分野の専門知識の修得」から構成されている。(C-1)は本科5年次における「卒業研究」と専攻科2年間の「特別研究」を含む計3年間の研究活動を通じて実践的に身に付けることが期待されている。一方,(C-2)では,本科4年次から専攻科2年次に至る4年間で学ぶ「各分野の専門知識」の修得が求められる。これらを通じて問題解決能力やデザイン能力の養成をめざすものである。学習・教育目標 ()は,「基準1」の(1)では,主として(d2)「プログラムの目標に適合する実験を計画・遂行し,データを正確に解析し,工学的に考察し,かつ説明する能力(実験の計画遂行能力)」,(d3)「プログラムの目標に適合する課題を専門的知識,技術を駆使して探求し,組み立て,解決する能力(与えられた専門的課題を解決する能力)」,(e)「種々の科学,技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力」,および(h)「与えられた制約の下で計画的に仕事を進め,まとめる能力」に対応する。

学習・教育目標【D】は,(-1) 「日本語および英語による基礎的コミュニケーション能力」と (-2) 「プレゼンテーション能力」から構成されている。(-1)では,技術報告や研究結果などを日本語により文書や口頭で発表し,他者と討議できる能力および英語による基礎的コミュニケーション能力の育成をめざしている。また,(-2)では,伝えたい事柄をより効果的に伝達するためのスキルの獲得を目指している。学習・教育目標 ()は,「基準1」の(1)において,(f) 「日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力」に対応する。

学習・教育目標【E】では,(-1)において科学・技術を有用なものとして活用するための前提となる文化や歴史への理解が,日本の文化を基礎として認識されることを述べるとともに,(-2)において技術が環境や社会に与える影響を理解し,加えて技術者としての倫理と責任感をもつことを目標として挙げている。したがって学習・教育目標(E)は,「基準1」の(1)で,(a) 「地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養」,(b) 「技術が社会や自然に及ぼす影響や効果,および技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)」に対応する。

  以上により,JABEE「基準1」ならびに機械および機械関連分野「分野別要件1」を満たすような学習・教育目標としている。

 

4)教育目標に対する機械工学科と専攻科(専攻区分:機械工学)の連携

 学習・教育目標に対する機械工学科と専攻科(専攻区分:機械工学)の教育の連携は次のように構築されている。

 機械工学科45年の教育課程では,卒業後の進路(就職あるいは進学)にかかわらず共通的に必要な学習・教育目標【B】,【C】および【D】に重点を置いている。

  一方,専攻科は,学習・教育目標【B】,【C】および【D】に関わる専門教育をある程度受けた学生からなる上級課程である。よって,専攻科学生がこれらの学習・教育目標【B】,【C】および【D】にある専門的知識をより深く修め,さらに学習・教育目標【A】および【E】などの修得に生かせる能力の養成を中心とした教育を実施している。さらに,学習・教育目標【A】〜【E】は,機械工学科と専攻科の教育課程を継続的に結ぶ一連のカリキュラム編成とその教育を特徴としている。

 

付表1 学習・教育目標とJABEE「基準1」(1)- (a)(h)との対応

 機械工学プログラムにおける各学習・教育目標【A】,【B】〜【E】と,JABEE「基準1」(1)(a)(h)との対応関係を以下の表に示す。主体的に含んでいる場合には◎を,付随的に含んでいる場合には○を記入する。

 

学習・教育目標(JABEE

機械工学プログラムの学習・教育目標

a

b

c

d

e

f

g

h

i

A

もの創りを通じて社会に貢献できること

 

 

 

 

B

技術者を職業とすることに必要な知見を有すること

 

 

 

 

C

問題点を理解し,解決への道筋を創造的かつ継続的に実践できること

 

 

 

 

D

専門技術に関して見解を表明できるとともに,討議ができること

 

 

 

 

E

社会や技術に関する倫理観をもつこと

 

 

 

 

 

 

【本校ホームページにおいて学内外に公開:平成15年12月15日】

【学習・教育目標3Bを訂正:平成16年1月5日】

【学習・教育目標4Bの科目名の訂正と追加:平成16年1月6日】

【学習・教育目標の項目記号の変更:平成16年2月16日】

【JABEEの方針修正および学生との懇談会(平成17年1月)をもとに修正:平成17年1月】

JABEE審査結果により修正:平成18年5月】

【付表1 学習・教育目標とJABEE「基準1」(1)- (a)〜(h)との対応の変更:平成26年12月】

機械工学科:2014/12/6