HOME > 学生の活動 > 過去のトピックス

2013


2014.3.25,26

交通安全教育研修

2014年3月25,26日 安全運転を心掛けてもらうことを狙い,鈴鹿サーキット研修センターにて1泊2日の交通安全教育合宿研修が3年生を対象に行われました.4輪(上級,ペーパ)と2輪(中型バイク,カブタイプ,スクータタイプ)の各コースに分か れて講習を受けました.2日目には雨天となってしまいましたが,講習の途中で鈴鹿コースを試走できる時間があり,非常に貴重な時間を過ごしました.




2014.3.23

第3回小水力発電アイデアコンテスト

2014年3月23日 福井県鯖江市にて開催のコンテストに参加しました.今年度は,M科8名,E科3名,I科1名,C科1名の学生が参加しました.M科学生は,主に水車を設計・製作することを担当しました.1〜3年次での実習授業で培われた工作技術を発揮し,さらに高度な技術の修得もできました.また,大会前々日より現地入りし,土木工事なども経験することができ,非常に貴重な体験をしました.本校チームは,「出力賞」と製作技術の確かさと耐久性において優れた点を評価され「技術賞」を受賞しました.  次回(第4回)は,2015年3月に豊田市旭地区にて開催予定です.





2014.3.18

専攻科電子機械工学専攻が日本機械学会から表彰

2014年3月18日 本校専攻科では,教育・研究の一環として学会発表を推奨しています。電子機械工学専攻(専攻区分:機械工学)では,日本機械学会を中心的な学会と位置づけ,活動しています。この度,学生の入会に関して,会員増強に貢献したという功労によって表彰していただきました。これからも学会活動を通じて,効果的で質の高い教育・研究を行っていきたいと思います。



2014.3.4,5,6

4M見学旅行(滋賀・京都・大阪)

2014年3月4,5,6日 平成25年度機械工学科第4学年は,平成26年3月4日〜3月6日に、近畿方面へ見学旅行に行ってきました。今年は立命館大学、ダイキン工業株式会社、日新製鋼株式会社、京都御所、USJ、大阪の市街などの見学や散策をしました。大学や工場では施設見学や質疑応答を行い、観光地や市街でも見学や散策を満喫しました。これから、就職や進学に向けて勉強等に励むための良いリフレッシュとなる旅行でした。




2014.2.7

卒業研究発表会開催

2014年2月7日 1年間取り組んできた卒業研究の最終発表会を開催しました.熱心な質疑応答がされていました.今後,追加実験などを行い,最終論文を提出することになります.




2014.2.6

創造総合実習成果発表

2014年2月6日 機械工学科3年生が実習で取り組んできた設計・製作物の成果発表が行われました.本年度は, 『小型メリーゴーランド』,『シュートバトルゲーム』,『PLCピタゴラスイッチ』,『チロルチョコ自動販売機』でした.今年度は例年より大きな製作物が多く,4個の内,2個はPLCを用いたシーケンス制御が行われていました.どの成果物も素晴らしい出来栄えとなっています.




2013.12.6

トヨタ自動車工場見学

2013年12月6日  4Mの学生がトヨタ自動車工場の見学をしました.普段,授業として校外に出かけることが少ないため気分一新のため,また4年生は,今後の進路について考えを決定するきっかけとして行われました.工場見学では,ロボットによる自動溶接やトヨタ方式の組み立てラインなどの様子を見学しました.



2013.11.27

同窓会主催による卒業生講演会

2013年11月27日 3,4年生を対象として機械工学科OBによる講演会が「私の学生生活と社会生活」と題して開催されました.実際に就職をした先輩からの率直な意見や社会生活に必要な心構え,学校生活時の取り組み方などについて講演頂きました.その後,質疑応答でも非常に有意義な意見を聞くことができ,進路選択や就職活動を控えた学生にとって大変貴重な時間となりました.




2013.11.2,3

こうよう祭学科展

2013年11月2,3日 晴天の中,こうよう祭が行われ,非常に多くの方が来校されました.4年機械工学科では無線操縦の小型戦車?を2台製作し,来場者に操作体験をして頂こうと頑張ってきました.製作が難航し(加工量が多過ぎた),こうよう祭前の一週間は遅くまで製作を行っていました.写真は製作中の写真で,仲の良い4年機械工学科の学生です.




2013.11.20

高専ロボコン2013

2013年11月20日 三重県鈴鹿市にある鈴鹿市立体育館にて高専ロボコン2013東海北陸地区大会が開催されました.本年のテーマは「Shall We Jump?」で,縄回しロボットと学生が縄を回す中,ジャンパーロボットが各チェックポイントで縄跳びをしながら進むもので,「コントローラを用いない」という前年度からのテーマに「ジャンプ」をするというメカニカルな頑健さとソフトウェアの巧みさが求められる挑戦的なテーマでした.ロボコンAチームのロボットは歩行,ジャンプ,操作は安定していましたが,連続ジャンプのタイミングで苦戦し,一試合目にて富山高専(本郷キャンパス)Aチームと対戦し勝利しましたが,続く二試合目にて沼津高専Bチームと対戦して敗戦致しました.




2013.10.18

裁判所見学

2013年10月18日 本校第5学年の恒例行事である裁判所見学(名古屋高等裁判所)に行ってきました。はじめに弁護士会館で3人の弁護士さんから,裁判や裁判所について説明して頂きました。その後,実際に裁判を行う法廷内に入って,裁判所広報の方から具体的な話を聞きました。このようにして一通りの知識,特に裁判を傍聴するときの規則を教えていただいた後,弁護士さんに引率され,公判中の刑事裁判を傍聴しました。皆,普段とは全く異なる空間に身を置き,やや緊張し,貴重な体験をすることができました。3人の弁護士さん,裁判所の皆様,大変お世話になりました。ありがとうございました。



2013.10.17

体育祭にて大活躍

2013年10月17日 台風が過ぎ去った秋晴れの中,体育祭が行われ,大変優秀な成績を勝ち取りました.元気いっぱいな機械工学科学生は大活躍をし,5学科対抗では学科優勝を収め,全クラスで争うクラス順位も優勝から3位までが1M,3M,4Mと他学科を圧倒しました.機械工学科学生の元気の良さ,チームワークの良さが光りました.




2013.10.12,13

オープンキャンパスで機械工学科の展示及びCAD/CAM実演を実施

2013年10月12,13日 機械工学科では、学生達が手作りで完成させたロボットやマシン、およびエコランカーの実演・展示や、豊田高専と豊橋技術科学大学をインターネットで結んで遠隔制御で加工を行う装置の操作を見学者に体験して頂きました。また、コンピュータで作図した図形をコンピュータ制御の工作機械で加工する(CAD/CAM)実演や、電子顕微鏡の画像観察などをして頂きました。両日を通じて950名を超える来場を頂き,見学に来て頂いた生徒や保護者からは、実演や展示を説明している学生達に学科の勉強や学生生活、寮生活、クラブ活動、ロボコンなどについて熱心に質問を頂きました。盛況のうちに、機械工学科に関する実演・展示や体験を終了することができました。



2013.9.19

田原市立泉中学校へ出前授業研修

2013年9月19日 田原市立泉中学校に出前授業に伺いました.複数の出前授業を並列に行い,機械工学科は自動で動く機械として,PLCを用いた信号機を題材とした授業を行いました.専攻科1年生の川崎君と木村君もお手伝いとして参加し,中学生の生徒さんの質問に答えていました.この中から,将来,豊田高専に入学してくれる生徒さんがいることを期待しております.



2013.9.9

中部国際空港見学

2013年9月9日 機械工学科1年生が中部国際空港を見学しました.普段見ることができない空港内の電気,熱源,空調,換気等を監視・制御しているシステムや汚水処理システム等を見学することができました.



2013.8.24,25

専攻科加藤良祐東海地区の頂点に

2013年8月24,25日 8月24日と25日の2日間、静岡市の草薙陸上競技場で行われた東海陸上競技選手権大会に、専攻科電子機械工学専攻1年加藤良祐が参加しました。その結果加藤は400mで優勝し、東海地区の社会人、大学生の中の頂点に立ちました。合わせて来年の日本陸上競技選手権の出場権も獲得しています。

 200m 加藤良祐(専1)2位 21秒22

 400m 加藤良祐(専1)1位 47秒33




2013.7.11

3年生工場見学実施

2013年7月11日 機械工学科3年生が豊田市迫町戸尻にある富士機械製造株式会社(本社,知立市)の藤岡工場を見学しました.同社藤岡工場では,工作機械事業本部(自動旋盤・専用機の企画・開発・設計・生産)と資材内製加工本部(内製部品の加工)があり,会社概要を聞いた後,主に自動車部品メーカで使用されるNC工作機の製造工場の見学をしました.自動車用の専用機に必要な機能についての説明をして頂き,工場内で稼働している工作機械を創る工作機械(マザーマシン)を見学しました.ものづくりの大切さを学ぶ機会となりました.


2013.7.4

機械設計・創造総合実習発表会

2013年7月4日 機械工学科3年生の機械設計と創造総合実習との授業間連携により,歯車伝達装置の設計(製図)・製作の発表会を開催しました.機械工学科では,3年前から同授業において,3名から4名の班に分けて,歯車伝達装置の設計,製作図の作成を行い,その設計(製作)図をもとに別の班が製作する授業を行っています.限られた制約(設計要素,設計,製作時間)の中で,機構が簡単でかつ正確に駆動するものを創りました.設計,製作の過程を学ぶ中で,エンジニアとして,図面の大切さやコミュニケーションの重要性を学ぶことができました.



2013.7.12

日本機械学会東海学生会第195回講演会開催(7月12日)

2013年7月12日 「激動の時代を生き抜く 〜生産革新によるモノづくりの継続進化」と題して学会講演会が本校で開催され,主として5M,専攻科生が聴講しました。講師は竃L田自動織機 生技開発センター センター長 山口和幸氏で,日本のモノづくりは生き残りをかけて生産革新に取組んでいることを基本的考え方や具体例を示してわかりやすく話して頂きました。



2013.6.7,8,9

日本陸上競技選手権大会(6月7〜9日)

2013年6月7,8,9日 6月7日〜9日の3日間、東京調布市の味の素スタジアムにおいて、第97回日本陸上競技選手権大会(モスクワ世界陸上最終選考会)が開催され、専攻科1年の加藤良祐が400mに参加しました。  今回予選で敗退しましたが、その年の日本一を決める大会に初めて参加して、得るものがたいへん多かったようです。22名の参加選手の中で持ちタイムは16番目でしたが、結果は全体の11番目でした。大学生の中では4番目でしたので、9月の全日本インカレでは十分に上位が狙える位置にいることも確認できました。



2013.6.18

トヨタテクノミュージアム産業技術記念館見学(6月18日)

2013年6月18日 機械工学科2年生が名古屋市西区にあるトヨタテクノミュージアム産業技術記念館を見学しました.この産業技術記念館は,トヨタグループ発祥の地である旧豊田紡織本社工場後に残されていた建物を貴重な産業遺産として生かしながら設立したものです.館内は大きく「繊維機械館」と「自動車館」の2つに分かれており,貴重な紡織機械や自動車の製造工程を見ることができました.自動車館では,学生たちは自動車の仕組みや製造工程に関する説明を熱心に聞いていました.



2013.5.17,18,19

東海学生陸上競技対校選手権大会優勝(5月17〜19日)

2013年5月17,18,19日 5月17日〜19日の3日間、瑞穂陸上競技場で東海学生陸上競技対校選手権大会が開催されました。本校からも多くの学生が参加しましたが、その中で専攻科1年の加藤良祐が男子400mに出場し、46秒80の好記録で優勝しました。この記録は、来月の7〜9日に東京の味の素スタジアムで行われる日本陸上競技選手権大会(モスクワ世界陸上競技選手権大会国内最終選考会)の参加A標準記録を突破するたいへん素晴らしい記録です。  加藤は昨年全日本インカレは経験していますが、日本選手権は初出場ですので、まずは何とか大舞台で自分の力を発揮してほしいと願っています。世界陸上はまだまだ遠い先の目標ですが、日本選手権の結果次第では、7月にロシアのカザンで行われるユニバーシアード大会の選手選考にかかる可能性もあります。今後とも、皆様のご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。 (中央が加藤良祐)



2013.5.18

球技大会(5月18日)

2013年5月18日 快晴の中,球技大会が実施されました.機械工学科では,5Mがソフトボールとバレーボールにて準優勝,3Mが3on3で準優勝しました.






2013.5.18

女子学生対象OG懇談会(5月18日)

2013年5月18日 女子学生を対象にしたOGとの懇談会を開催しました.現在,機械工学科には11名(留学生1名含む)の女子学生が在籍しています.エンジニアとして,また,家庭をもち社会生活を送っておられるOGに来校頂き,仕事,家庭のことなどを聞き,和やかな懇談会になりました.これを機会に機械工学科女子学生の活動を活発にして行きます.



2013.5.8

将来イメージ講座の実施(5月8日)

2013年5月8日 キャリア教育支援室の「将来イメージ講座」を機械工学科1年生を対象に実施しました。本講座は,機械工学科を通じて将来の自分のことを考えることを趣旨としています。
内容は,
1. 卒業時の進路 ―進学先・就職先―
2. 社会で通用する能力レベル
3. 学科教育カリキュラムの意図
4. 一般科目が重要な理由
5. パーソナルゴールの設定
でした。
普段,あまり機械工学科の一員であることを意識していないかもしれませんが,この講座で,少し機械工学科のことが理解できたでしょうか?




2013.4.11

校内ロボコンの開催(4月11日)

2013年4月11日 安全運転を心掛けてもらうことを狙い,鈴鹿サーキット研修センターにて1泊2日の交通安全教育合宿研修が3年生を対象に行われました.4輪(上級,ペーパ)と2輪(中型バイク,カブタイプ,スクータタイプ)の各コースに分か れて講習を受けました.2日目には雨天となってしまいましたが,講習の途中で鈴鹿コースを試走できる時間があり,非常に貴重な時間を過ごしました.



2013.4.2

入学式&学科説明会(4月2日)

2013年4月2日 平成25年度豊田高専入学式が挙行されました.その後,44名の新入学生とその保護者に対し機械工学科の学科説明会が行われました.希望に満ちた学生諸君に対し,教員と技術職員から激励の言葉が掛けられました.学生が大きく成長してくれることを期待しております.



2012


2013.3.26,27

交通安全教育合宿研修(3月26,27日)

 自動車や二輪車を運転する際に,安全運転を心掛けてもらうことを狙い鈴鹿サーキット研修センターにて1泊2日の交通安全教育合宿研修が3年生を対象に行われました.4輪(上級,ペーパ)と2輪(中型バイク,カブタイプ,スクータタイプ)の各コースに 分か れて講習を受けました.また,講習の途中で鈴鹿コースを試走できる時間があり,非常に貴重な時間を過ごしました.



2013.3.4-6

4M見学旅行(3月4日〜6日福岡・長崎・熊本)

 1日目:名古屋から新幹線で小倉駅に約3時間で到着,バスで昼食会場に移動し,カレーを食べました。その後,新日鐵住金の八幡製鐵所に到着し,見学開始です。会社概要を聞き,その後乗ってきたバスに乗り込み,広大な工場敷地内を移動,下車して巨大設備の高炉を出銑口近くまで歩いて見学しました。再乗車し,つぎは熱延工場まで移動し,下車して真っ赤なスラブがものすごい勢いでローラーを通過していく様子を見学しました。最後に色々な質問に答えていて抱きました。バスで本日の宿泊先である博多駅前のホテルに到着後はグループに分かれて自由行動となり,各々夕方の博多を楽しみました。  2日目:朝早くバイキングで朝食後,バスで長崎まで移動し,三菱重工業長崎造船所香焼工場を見学しました(写真はグラバー園から見た本工場)。バスの中から鋼板が切断され,曲げられ,溶接され,徐々に巨大な船が建造されていく様子がよくみえました。工場では600tの門型クレーンが活躍していましたが,クレーンの梁に書かれた会社のロゴがテニスコートと同じ大きさとの説明があった時は,一同驚きの声が上がりました。普段見られないスケールの大きさが印象的でした。昼食後は大浦天主堂,グラバー園,長崎原爆記念館を見学しました。長崎市内のホテルに到着後,夕食は皆で揃って中華街で中華料理を食べました。  3日目:忙しい1日となりました。朝食後,島原港までまずバス移動です。途中,車中から普賢岳などを見学しながら,約2時間かかって到着しました。つぎはフェリーで1時間程の船旅です。船上では,まだ少し肌寒かったものの,春を感じる陽気でした。エビセンを翳すと多くのカモメが近づいてきて,とても楽しめました。下船後は熊本城見学です。駆け足でしたが天守閣,御殿を見学しました。続いて熊本大学工学部訪問です。学食で昼食後,衝撃センターを見学しました。火薬と爆薬の違いなど基礎的な話をしていただいた後,実際に爆薬を用いて金属板を接合する実験を見せていただきました。「バン!」という衝撃音が印象的でした。最後に太宰府天満宮までバス移動です。少しピークは過ぎているとのことでしたが,「飛び梅」の花が満開でした。熱心にお参りし,参道では名物を食べたりしました。夕方,博多駅に到着,3日間お世話になったバスにお別れをし,新幹線で名古屋まで戻ってきました。  3日間とも天気は良く,特に体調を崩す者もなく,良い見学旅行になりました。お世話になった皆様,ありがとうございました。






2013.3.4-6

スキー教育(3月4〜6日)

 3月4日から6日まで,2学年の学生は志賀高原でスキー教育に行ってきました。3日間とも天気の崩れもなく,けがをする学生もいない,最高のスキー教育でした。スキーだけではなく,約半数がスノーボードの教習を行いました。学校でスノーボードの教習をしているのは豊田高専だけだということです。スノーボードの初心者では,2日目に滑ることができなくなる学生もいましたが,3日目には全員がターンできるようになりました。




2013.2.11

技術士第一次試験合格(2月11日)

 機械工学科5年鈴木隼爾君が技術士第一次試験に合格しました.




2013.2.8

平成24年度卒業研究発表会開催(2月8日)

 卒業研究発表会を開催しました.1年間取り組んでいた研究の成果を上手に発表し,質疑にも応じていました.




2013.2.7

創造総合実習成果発表(2月7日)

機械工学科3年生が実習で取り組んできた設計・製作物の成果発表が行われました.本年度は,「UFOキャッチャー 〜作った後にも楽しめるものを作ろう〜」,「切粉破砕機 〜工場の人の笑顔が見たかった〜」,「ミニビースト 〜テオ・ヤンセン機構〜」,「ラジコンカー 〜時速100km?〜」でした. どの成果物も素晴らしい出来栄えとなっています.




2012.11.28

同窓会 卒業生による講演会(11月28日)

「私の学生生活と社会生活」と題して卒業生による講演会が開催されました。今回は、成瀬文規氏((株)豊田自動織機)、松谷慎一氏(東海旅客鉄道(株))、原田洋輔氏((株)マキタ)の3名をお招きし、学生時代の経験談や社会生活に向けたアドバイスなどについてご講演いただきました。聴講していた3年生と4年生は真剣な面持ちで話を聞いており、その後の質疑応答でも有意義な意見を聞くことができました.


2012.11.21

4M「こうよう祭」学科展 教育後援会賞 最優秀賞で表彰(11月21日)

こうよう祭で4Mが企画・実施した「等身大ロボットシューティング」が教育後援会賞 最優秀賞を受賞し,学生総会の場(11/21開催)で表彰されました。クラス代表として粕谷拓司君が校長から賞状と副賞を受け取りました。機械工学科は同賞を2年続けての受賞となりました。応援して頂いた皆さん,ありがとうございました。




2012.11.9

平成24年度卒業研究中間発表会(11月9日)

4月から開始した卒業研究ですが,研究背景や研究の位置づけなどをプレゼンテーションツールを用いて発表を行いました.また,発表に対して,活発な質疑が行われ,これからの研究や2月に実施される最終報告会に向けて,課題等も確認することができました.



2012.11.3,4

こうよう祭学科展(11月3,4日)

晴天の中,こうよう祭が行われ,非常に多くの方が来校されました.4年機械工学科では電動の移動砲台?を2台製作し,来場者に試乗体験をして頂きました.試乗体験ではゴムボールを打ち出し,段ボールの箱を制限時間内に撃ち落とす数を競う形式で行いました.非常に簡単に操作でき,小さい子供でも楽しんで頂け,会場は大変盛り上がりました.



2012.10.14

高専ロボコン2012 (10月14日)

越前市体育館で高専ロボコン2012東海北陸地区大会が開催されました.本年のテーマは「ベスト・ペット」で,コントローラを用いない競技課題でした.ロボコンAチームは第一回戦一試合目にて沼津高専Bチームと対戦し勝利,続く第二回戦五試合目にて石川高専Aチームと対戦して敗戦致しました.また,エキシビジョンに選ばれ,エキシビジョンの第二試合にも参加しました.エキシビジョンでは,製作した全ての機能を披露することができました.皆さまからの声援を受けて,学生一同頑張りました.




2012.10.9

日本車輌製造株式会社見学(10月9日)

メカトロニクス実習の時間を用いて日本車輌製造株式会社の工場見学をしました。新幹線車輌や海外で活躍する車輌の製造,チェックの過程を詳しく見学させていただきました。見学後には,本校の先輩に対して活発な質疑応答がなされました。現場で活かされている機械工学の技術を目の当たりにして,将来のことを少し考える機会になっているようでした。



2012.10.6,7

オープンキャンパスで機械工学科の展示、CAD/CAM実演、実験室公開を実施

 10月6日(土)、7日(日)の両日、豊田高専のオープンキャンパスが行われました。  機械工学科では、学生達が手作りで完成させたロボットやマシン、およびエコランカーの実演・展示や、豊田高専と豊橋技術科学大学をインターネットで結んで遠隔制御で加工を行う装置の操作を見学者に体験して頂きました。また、コンピュータで作図した図形をコンピュータ制御の工作機械で加工する(CAD/CAM)実演や、機械工学科の各実験室を公開して電子顕微鏡の画像観察や風洞による強風体験などをして頂きました。見学に来て頂いた生徒や保護者からは、実演や展示を説明している学生達に学科の勉強や学生生活、寮生活、クラブ活動、ロボコンなどについて熱心に質問を頂きました。盛況のうちに、機械工学科に関する実演・展示や体験を終了することができました。



2012.10.5

4M校外実習報告会開催(10月5日)

日程の都合で少し間が空きましたが,夏休みに行った校外実習(1週間あるいは2週間)の報告会を行いました。途中一部分は3年生にも聞いてもらいました。都合で行けなかった学生を除く36名が,実習先の企業(大学),実習テーマ,実習内容・成果や,実習についての反省,感想,後輩へのアドバイスなどを発表しました。就職希望の学生にとっては会社選択につながるリアルな情報として,また,このクラスにとって校内では初めてスーツ姿を披露したという外見上からも,また一歩,卒業に近づいたと実感した報告会でした。



2012.9.30

第14回 全日本ダウンヒル・ダービー選手権大会(9月30日)

台風の接近に伴い,午後に暴風警報が発令されると予想される中,時間を繰り上げて何とか最後まで競技を行なうことができました.この競技は,動力の付いていない手作りの乗り物(カート)で,重力の力だけで坂を下る速さ(時間)を競う競技です. グループAとグループCの2つのカテゴリーがあり,それぞれ1チームずつエントリーしました.グループAは 車体重量 (カートのみの重さ) が40kg以下で,ノーマルダウンヒルコース(距離が短いコース)を使用します.また,グループCは 車体総重量 (ヘルメットと正しい服装のドライバーの体重を加えて) が140kg以下で,スーパーダウンヒルコース(距離が長いコース)を使用します.それぞれ2回走ることができ,良い方のタイムが記録となります. 結果は,グループA,Cともに3位入賞と健闘しました.昨年は,グループAは優勝,グループCは準優勝だったので,それに比べると物足りない成績ではありますが,大会前の校内での試走では不具合もあって,本番ではどうなるか心配されたところで,十分な結果を出したと思います.




2012.9.13

日本車輌製造株式会社見学(9月13日)

機械工学科3年生が豊川市にある日本車輌製造株式会社の工場見学をしました.日本車輌製造会社は,新幹線や特殊車輌などの設計・製造を行っています.工場見学では,実際に新幹線が製造されていく過程を見ることができ,興味深く見学していました.



2012.8.25,26

「5M加藤良祐君,高専全国大会で100m,200m両種目で2連覇−伝説へ」

 全国高等専門学校陸上競技大会が、8月25日(土)、26日(日)に、鳥取県コカコーラウェストスポーツパーク(布施運動公園陸上競技場)でで行われました。この大会で100、200mに出場した加藤君は両種目で2連覇を達成し、今回のオリンピックのウサイン・ボルト同様、伝説?になりました。100m決勝では、予選タイムトップの奈良の選手とレーンが隣になり、スタートでは離されると思いましたが、加藤君のどんぴしゃりのスタートダッシュで奈良の選手と互角で争い、相手が力んで伸び悩む中、加藤君の後半伸びのある走りでゴール30m手前くらいで追い抜き、見事優勝を果たしました。記録は以下の通りです。  *男子100m*   加藤 良祐(5M) 優勝 10秒64(+1.2) 高専タイ記録、大会新記録  *男子200m* 加藤 良祐(5M) 優勝 21秒26(+0.9) 大会新記録 ※両写真とも,中央が加藤君です。



2012.8.4

公開講座の開催(8月4日)

 ものづくり体験記U(低融点合金の鋳造,金属の電子顕微鏡観察,信号機のコントロール)が開催されました.「低融点合金の鋳造」では,80℃ほどで解ける金属に動物の型をとり,鉛筆立てを製作しました.「金属の電子顕微鏡観察」では,金属表面を拡大し,どのような形状になっているのかを観察しました.「信号機のコントロール」では,PLCシーケンスを用いて信号機の仕組みを理解しました.





2012.6.16

エコマイレッジチャレンジ(6月16日)

6月16日(土)に鈴鹿サーキット東コースで行われた,「Honda エコ マイレッジ チャレンジ 2012 第26回 鈴鹿大会」に自動車部が参加しました.この大会は,ガソリン1リッターで何km走れるかを競うレースで,レース前に与えられる180ccのガソリンで,1周2.2kmのコース8周を,規定時間約42分内で走り,その燃費を競います. 今回は2台出場しました.結果は,1台は「大学・短大・高専・専門学校生クラス」23チーム中9位で,記録は221.617km/g,もう1台は4周目の途中で,車両トラブルのためリタイアしました.ちなみに,このクラスでは完走した車が16台でした.



2012.6.10,11

1年生 合宿研修を実施(6月10日,11日)

平成24年6月10日(日)と6月11日(月)の2日間,鈴鹿青少年センターで第1学年の合宿研修が行われました。コミュニケーション能力の育成,心身のリフレッシュ,学生相互,教職員との親睦を図ることが目的でした。1日目は,入所式,合宿研修に向けて学生主事,学年主任,キャリア教育支援室長の話を聞いたあと,自分のアサーティブ傾向を知ることから研修がスタートしました。その後,自分たちのクラスの○ヶ条を作ることを目標にブレーンストーミングをしました。1日目の夕方には長縄とび大会が行われ,1年機械工学科は4グループで30回をとび,5クラス中3位になりました。2日目には,1日目にあがった要素をもとに各班で○ヶ条の報告会が行われました。寸劇あり,テープ剥がしありのアピール力にあふれるプレゼンテーションでした。クラスの団結力が高まり,クラスメイトの理解が深まった2日間でした。



2012.5.30

工場見学実施(トヨタ自動車元町工場)(5月30日)

4M工学実験の一部として,工場見学を実施しました。普段,授業として校外に出かけることが少ないため気分一新のため,また4年生は,夏には校外実習,そして半年後にはいよいよ始まる進路決定を考え始めるきっかけとして行われました。1台1台仕様の異なるエスティマやマークXが,滞りなく組立てられていく様子を見学しました。



2012.5.23

1年生スキルアップ講座開催(5月23日)

キャリア教育支援プログラム,「スキルアップ講座」を開催しました. 進路が決まった5年生から,自分の経験をもとに学生生活の過ごし方に ついて話を聞きました.高専での生活にも慣れてきましたが,中間試 験前であること,学習面,生活面について,再確認をすることができ ました.



2012.5.19

球技大会開催(5月19日)

ソフトボール,3on3,フットサル,バレーボール,卓球,ドッジボールの種目で,球技大会がよい天気のもと行われました。機械工学科では,特に5Mチームは全種目にエントリーし,大いに目立っていました。競技結果は,4Mチームがソフトボールで優勝,3on3でも全勝(ルールによって優勝は認められませんでした),フットサル(5Mと合同チーム)で準優勝と大活躍でした。お疲れ様でした。





2012.5.11-13

5M加藤良祐君が東海学生陸上競技対校選手権大会200m競走で優勝!

5月11日(金)〜13日(日)の3日間、名古屋の瑞穂陸上競技場で東海学生陸上競技対校選手権大会が行われ、機械工学科5年の加藤良祐君が200m競走で並みいる大学生を押さえ、見事に優勝しました。タイムも21秒29(向かい風1.3m)で全日本インカレの参加標準記録も突破する好記録でした。  今大会の加藤は予選から好調で、余裕をもって予選、準決勝と突破しました。決勝は第6レーンからスタートし、前半から切れのある走りでリードを奪い、直線に入ってからさらにリードを広げるという圧勝でした。今回、東海学生チャンピオンになったことで、9月に東京の国立競技場で行われる全日本大学対校陸上競技選手権に出場できることになりました。現在、一番伸び盛りにあり、今後さらなる活躍が期待できます。



2012.5.16

環境美化作業(5月16日)

平成24年度第1回環境美化作業(機械工学科担当)を行いました.天気にも恵まれ,機械工学科3年以上(専攻科含む)の学生,教職員で,学内と梅坪駅からの通学路のゴミ拾いを行いました.



2012.5.9

「企業が求める人材」特別講演会開催(5月9日)

キャリア教育支援プログラム,「企業が求める人材」特別講演会が開催されました.企業の人事担当部署に所属されている管理職の方を招き,グローバル化の中での企業が求める人材について,その背景,必要とされる人材,在学中に行うことなどを講演して頂きました.「自己実現のためには自分で動かなければいけない」ということの大切さを確認しました.



2012.5.2

1年生将来イメージ講座開催(5月2日)

キャリア教育支援プログラム,「将来イメージ講座」が開催されました.卒業後の進路およびそれに必要な学力・能力について説明がされ,機械工学科のカリキュラムの紹介,具体的な個人の目標を立てました.



2012.4.12

校内ロボコンの開催(4月12日)

本日,校内ロボコンが開催されました. Aチームからは3チームが製作したロボットが出場しました. 昨年度の1年間で身に付けた加工技術や電気回路の知識を基に,試合の課題にチャレンジしました.




2012.4.3

入学式&学科説明会(4月3日)

 平成24年度豊田高専入学式が挙行されました. その後,42名の新入学生とその保護者に対し機械工学科の学科説明会が行われました.希望に満ちた学生諸君に対し,教員と技術職員から激励の言葉が掛けられました.学生が大きく成長してくれることを 期待しております.



2011


2012.3.18

第1回小水力発電アイデアコンテスト審査会開催(3/18)

このコンテストは,岐阜県郡上市を会場として,地域に役立つ小水力発電を行うことを目的として始まりました。 中部地方の岐阜,富山,鈴鹿と豊田の4高専から5チーム,豊田高専からは環境都市工学科(C科),機械工学科(M科)および電気電子システム工学科(E科)から合同チームを結成して参加しました。 M科からは5年の淵崎君と野口君が卒業研究の一部として取り組みました。 全チームが集合した7月の合宿で水車を設置する河川を選定し,水車の形式や発電した電力の使用方法を話し合いました。 その後はM科の担当として審査会の直前までクロスフロー水車を製作してきました。 審査会では,製作した水車のパフォーマンスを見ていただくことができ,この1年間の活動を締め括ることができました。 (コンテスト実行委員会のHP http://mph-contest.org/)





2012.2.23

「ものづくり一気通観エンジニア養成」プログラム 第1期生 成果発表会・修了式(2月23日)

 地域の継続的な発展を目指し,既存の中小企業の開発競争力強化や地域の戦略的次世代産業の育成のための「ものづくり一気通観エンジニア養成」プログラムの第1期生の成果発表会・修了式が行われました. 専攻科の2年間で行われ,電子機械工学専攻の学生,情報科学専攻の学生,及びものづくり企業技術者(地域産業における技術者)が参加し,学生と異分野技術者での開発的ものづくり実践課題に挑戦しました. 参加している企業技術者の会社の方々や指導して頂いた企業技術者の方々の中で成果発表が行われ,実際に挑戦した実践課題成果の見学会が行われました.



2012.2.9

創造総合実習成果発表(2月9日)

 機械工学科3年生が実習で取り組んできた設計・製作物の成果発表が行われました. 本年度は,「分針と時針の背景として桜の花弁を模した時計」,「2〜11等分可能な等分割機」,「お掃除ロボット」,「初心者にも扱いやすいスケートボード」でした. どの成果物も素晴らしい出来栄えとなっています.





2012.2.8

平成23年度卒業研究発表会開催(2月8日)

 例年に比べ3週間早く,卒業研究発表会を開催しました. 1年間取り組んできた卒業研究について最終発表に対して,熱心な質疑応答がされていました. 今後,追加実験などを行い,最終論文を提出することになります.



2011.11.30

同窓会 卒業生による講演会(11月30日)

 機械工学科OB/OGによる講演会「私の学生生活と社会生活」と題して開催されました. 実際に就職をした先輩からの率直な意見や社会生活に必要な心構えなどについて講演頂きました. その後の質疑応答でも非常に有意義な意見を聞くことができました.




2011.11.16

教育後援会 最優秀賞を受賞(11月16日)

 去る5,6日に行われたこうよう祭にて出展した4M「車つくりました!」が教育後援会最優秀賞を受賞しました.学生総会にて表彰されました. 学科展優勝と最優秀賞を取れたのは,クラス一丸となって学生が一所懸命取り組んだ結果です.



2011.11.5,6

こうよう祭学科展優勝(11月5,6日)

 曇空の中,こうよう祭が行われました.日曜日の午前中はあいにく小雨が降ってしまいました. 4年機械工学科では自動車を製作し,来場者に試乗体験をして頂きました. 手作りの車であるため,やや不安定な箇所もありましたが,安全に配慮し,体験者には楽しんで頂けたと思います. また,来場者などによる投票の結果,各学科第4学年にて争われる学科展にて優勝しました.



2011.11.1

トヨタテクノミュージアム産業技術記念館見学(11月1日)

 機械工学科1年生が名古屋市西区にあるトヨタテクノミュージアム産業技術記念館を見学しました.この産業技術記念館は,トヨタグループ発祥の地である旧豊田紡織本社工場後に残されていた建物を貴重な産業遺産として生かしながら設立したものです.館内は大きく「繊維機械館」と「自動車館」の2つに分かれており,貴重な紡織機械や自動車の製造工程を見ることができました.自動車館では,学生たちは自動車の仕組みや製造工程に関する説明を熱心に聞いていました.



2011.10.18

体育祭(10月18日)

 快晴の中,体育祭が行われました.今年も,元気一杯の機械工学科学生が活躍し,学科優勝を勝ち取りました. また,5Mがクラス優勝しました.チームワークの良さが光りました(写真は,1〜5年の各クラス集合写真).





2011.10.17

新日本製鐵株式会社見学(10月17日)

 機械工学科2年生が東海市東海町にある新日本製鐵株式会社 名古屋製鉄所の工場見学をしました. 新日本製鐵株式会社は,銑鋼一貫製鉄所として各種鋼板類などを幅広く提供している会社です. 工場見学では,会社の歴史に触れ,熱延工場及び製鋼工場を見学することができました. 熱延工場では大型のロールでスラブから熱延鋼板ができる過程は圧巻でした.



2011.10.13

三菱重工業株式会社見学(10月13日)

 機械工学科3年生が小牧市にある三菱重工業株式会社 名古屋誘導推進システム製作所の工場見学をしました. 三菱重工業株式会社 名古屋誘導推進システム製作所は,ミサイル,航空・宇宙エンジン,制御機器関係製品等の生産を行っている会社です. 工場見学では,会社の歴史に触れ,エンジンの組み立て工場内を見学することができました. 航空・宇宙エンジンは大きく,その迫力は圧巻でした.


2011.10.8,9

オープンキャンパス開催(10月8,9日)

10月8日(土),9日(日)の2日間にわたり, 豊田工業高等専門学校オープンキャンパス機械工学科企画の一つとして, 「メカライフの世界展」を実施しました.両日ともに快晴の秋空のもと 800名近くの来場者がありました.学生の製作したロボットやスターリングエンジンの展示, 豊橋技術科学大学機械工学系との協賛で,「遠隔制御による電動ドリルの穴開け」体験を実施した. その他,本年度レースの大会で優勝&準優勝した車の展示や研究室・実験室の公開を行い, 本校機械工学科の紹介ならびに機械工学の楽しさについて体験し学んで頂きました.



2011.10.2

自動車部 第13回ダウンヒル・ダービー選手権大会グループA優勝!(10月2日)

機械工学科の学生が多い自動車部が10月2日(日)に新城総合公園特設コースで開催された大会に参加しました。 その結果,グループA(全長約230メートルのショートコース)部門で優勝しました!! 参加チーム数は13で,工業高校や,個人参加のチームを抜いての優勝でした。2回のトライアルで良い方(短い方)のタイムが成績となるルールですが,自動車部チームは1回目,2回目ともにトップの成績で優勝しました。(最高速度 37km/h,タイム 23.93秒) 距離が約500mで,勾配が急なグループCでは,参加チーム数12中,惜しくも2位でした。自動車部チームは2回目のトライアルでは全チーム中1位のタイムで走りきりましたが,他チームの1回目のタイムを上まわることができず,僅差で2位となりました。(優勝チーム 41.54秒,自動車部チーム 41.82秒!,最高速度55km/h)





2011.9.28-10.1

4M研修旅行(9月28日〜10月1日)

 機械工学科4年生が研修旅行として 28日(水) 立命館大学,神戸大学 29日(木) 鷲羽山,JFEスチール水島工場,弓削商船高専 30日(金) 今治造船所(進水式),松山市内,道後温泉 1日(土) USJの日程にて各施設を見学しました. 大学では,最先端の研究内容の説明を受けたり施設の見学を行い,JFEスチール工場では,圧延の様子を間近にて見ることができ,音や熱を肌で感じることができました. 弓削商船高専との交流会では,商船高専の専攻科生との交流や練習船内の説明などを受けました.また,翌朝は,商船所有の船にて港まで送迎して頂きました. 今治造船所では,進水式に参加させて頂き,実際に大型の船が海水へと進水する迫力ある様子を見ることができました.  大学,他高専,企業の訪問と,従来にない行程の研修旅行でしたが,非常に有意義なものとなりました.




2011.8.10

優秀賞を受賞(8月10日)

8月10日(水)に豊橋技術科学大学で行われた,高専連携教育研究プロジェクト成果発表会において,専攻科電子機械工学専攻1年生鈴木健太郎君が,「摩擦加工により作製した表層ナノ結晶粒鉄鋼材料の変動応力下における回転曲げ特性の解明」の成果発表において機械工学分野において優秀賞を受賞しました。 機械工学分野では12件の全国高専生や技科大生の発表があり,その中で最も優れた発表として表彰されました。



2011.8.6

公開講座(8月6日)

平成23年8月6日(土)、豊田高専機械工学科棟及びものづくりセンターにおいて機械工学科の教員及び技術職員による公開講座「ものづくり体験記〜七宝焼からスターリングエンジンまで〜(お父さんお母さんも一緒に見学 大歓迎!)」が開催されました。 本講座は、小・中学生を対象とした講座で、伝統工芸技法の一つである七宝焼のキーホルダーを炉を用いて作成したり,金属板の加工で良く用いられる深絞り加工の体験,スターリングエンジンの模型による実験を行いました。 定員を上回るぐらい盛況でした。





2011.5.21

球技大会(5月21日)

 球技大会が快晴の中,行われました.各クラス毎にソフトボールやフットサルなどに出場しました. ソフトボールの部では4M,ドッチボールの部では5Mが見事優勝を勝ち取り,3on3の部においても5Mが準優勝を果たしました. 機械工学科のチームワークの良さが光る大会でした.




2011.5.6

職業興味検査の実施(5月6日)

 第4学年の学生に対して,服部憲明先生による職業興味に関する検査が実施されました. 様々な職種の中から,自らの適している職種や興味のある職種の分野が具体的に分かり, 今後の就職活動などに役立つことになります.



2011.4.12

校内ロボコンの開催(4月12日)

 本日,校内ロボコンが開催されました. Aチームの新2年生が製作したロボットが出場しました. 昨年度の1年間で身に付けた加工技術や電気回路の知識を基に, 試合の課題にチャレンジしました.




2011.4.6

入学式&学科説明会(4月6日)

 平成23年度豊田高専入学式が快晴の中,挙行されました. その後,42名の新入学生とその保護者に対し機械工学科の 学科説明会が行われました.  希望に満ちた学生諸君に対し,教員と技術職員から 激励の言葉が掛けられました.学生が大きく成長してくれることを 期待しております.



2010


2011.3,28,29

交通安全教育合宿研修(3月28,29日)

 自動車や二輪車を運転する際に,安全運転を心掛けてもらうことを狙い 鈴鹿サーキット研修センターにて1泊2日の交通安全教育合宿研修が 行われました.4輪(上級,ペーパ)と2輪(バイク,原付)の各コースに 分かれて講習を受けました.また,講習の途中で鈴鹿コースを試走できる 時間があり,非常に貴重な時間を過ごしました.




2011.3.19

同窓会主催 模擬面接指導(3月19日)

平成23年3月19日(土)14:00-17:00に就職活動をむかえる4年生および専攻科1年 生、約90名参加のもと、同窓会主催による模擬面接講座が開催されました。 当日は、同窓生9名の方が来校され、面接官として在校生に対し模擬面接が実施 されました。面接を体験した学生をはじめ聴講した学生も本番と同様の緊張感のもと 面接指導が行われ、同窓生の方からは面接を受ける際の注意点が解説され、在校 生からは面接時の受け答えに関する質疑が活発に行われました。 予定の時刻を超過し、在校生にとっては就職活動の良い勉強になりました。



2011.2.10

創造総合実習成果発表(2月10日)

 機械工学科3年生が実習で取り組んできた設計・製作物の成果発表が行われました.本年度は,「歯車(全て学生が製作)を用いた時計(時針,分針,秒針)」,「横型ボール盤」,「ピッチングマシーン」,「2本同時削りのできる鉛筆削り」でした.どの成果物も素晴らしい出来栄えとなっています.





2010.10.9,10

オープンキャンパス開催(10月9,10日)

10月9日(土),10日(日)の2日間にわたり,豊田工業高等専門学校オープンキャンパス機械工学科企画の一つとして, 「メカライフの世界展」を実施しました.9日はあいにくの雨模様にも関わらず380名近くの来場者があり,また,10日は 快晴の秋空のもと270名近くの来場者がありました.学生の製作したロボットやスターリングエンジンの展示,豊橋技術科学 大学機械工学系との協賛で,「遠隔制御による電動ドリルの穴開け」体験を実施した.その他,エコランカーの展示や研究室・ 実験室の公開を行い,本校機械工学科の紹介ならびに機械工学の楽しさについて体験し学んで頂きました.




2010.10.1

10月1日 校外実習報告会

夏季休業中に,県内外の企業や大学等(44社4大学)へ校外実習(インターンシップ)へ4年機械工学科44名の学生が行きました.企業での研修では,技術者として実務を経験し,また,社会人としての心構えについて多くのことを学ぶことができ,学校生活を見直すことができました.大学での研修では,高度な実験や計測装置を用い,実験や解析を行いました.報告会では,熱心に聴講し,多くの質問がありました.また,機械工学科3年も聴講し,次年度への参考となりました.今後は,校外実習と見学旅行で得られた情報により,進路決定をしていきます. (4年指導教員 兼重明宏)



2010.9.27-30

9月27日−30日

4年生の学生全員で3泊4日の見学旅行に行きました。今年は大阪からフェリーで九州に渡り,大分県で地熱発電所,新日鐵大分製鉄所,日立造船有明工場等を見学してきました。道中湯布院,九重夢吊橋,阿蘇山,熊本城を巡り,盛りだくさんの見学旅行でした。このクラスらしく,バスの中ではガイドさんとのやりとりを楽しみ,見学所では,活発な質問が出ていました。




2010.9.25,26

Make: Ogaki Meetingにて展示説明(9月25,26日)

岐阜県大垣市ソフトピアジャパンセンタービルにて開催された Make: Ogaki Meetingの高専ブースにおいて機械工学科5年の学生3人が 説明員として本校のPR活動を行いました.出展物はロボコン地区大会に 出場したマシンや学生が自作したロボットです. 小さいな子供からお年寄りまで多くの見学者に来て頂き盛況でした.



2010.9.13

オークマ株式会社見学(9月13日)

 機械工学科1年生が丹羽郡大口町にあるオークマ株式会社の工場見学をしました. オークマ株式会社は,マシニングセンタや旋盤などの設計・製造を行っています. 工場見学では,会社の歴史に触れ,また実際に工作機械が出来上がるまでの工程を 見ることができました.人の何倍もある大きさの機械の迫力が圧巻でした.



2010.9.7

産業技術記念館に行きました(9月7日)

 機械工学科2年生が名古屋市にあるトヨタテクノミュージアム産業技術記念館に行きました. 産業技術記念館はトヨタグループ13社が共同して,トヨタグループ発祥の地である旧豊田紡織本社工場跡に残された建物を貴重な産業遺産として生かしながら設立したものです. 貴重な紡織機械や車の製造の工程などを見ることができ, 機械が好きな学生は実演付きの説明を熱心に聞いていました.



2010.9.2

日本車輌製造株式会社見学(9月2日)

 機械工学科3年生が豊川市にある日本車輌製造株式会社の工場見学をしました. 日本車輌製造会社は,新幹線や特殊車輌などの設計・製造を行っています. 工場見学では,実際に新幹線が製造されていく過程を見ることができ, 機械が好きな学生は大興奮でした.



2010.8.29

豊橋技術科学大学オープンキャンパスにてロボットの展示(8月29日)

 豊橋技術科学大学にて開催されたオープンキャンパスにおいて豊田高専のPR活動の一環として,機械工学科からはロボコン出場マシンと学生の成果物(ペンキャップの色判別,多足マシン)を展示しました. 多くの子供がロボットに興味深々で見たり触ったりしてくれました.



2010.8.6

第53回近畿・東海・北陸地区高専機械系学科教員協議会開催(8月6日)

 第53回近畿・東海・北陸地区高専機械系学科教員協議会が,本校機械工学科が世話校として,平成22年8月6日(金)にKKRホテル名古屋(名古屋市中区三の丸)で開催されました。 この協議会は,近畿,東海,北陸地区にある高専の機械系学科教員が一同に集まり,どの高専にも,特に機械系学科に共通に存在する問題からいくつかをテーマとして取り上げ,情報交換や議論をする場となっており,毎年開催されています。  本年度は,明石,石川,金沢,近畿大,神戸市立,鈴鹿,鳥羽,奈良,沼津,福井,舞鶴,和歌山,および本校(豊田)の13高専から参加があり,有意義な意見交換ができました。


2010.8.2-3

2010年8月2日〜3日

平成22年8月2日(月)、3日(火)の2日間、豊田高専機械工学科棟及びものづくりセンターにおいて機械工学科の教員及び技術職員による公開講座「ものづくりの楽しさを体験しよう」が開催されました。 本講座は、中学生を対象とした講座で、工作機械を使用してオリジナルプレートの作製とソーラーカーを利用した走行や信号機のしくみに関する実験を行いました。




2009年度以前


2010.3.9

Best Presentation Award受賞

社団法人日本機械学会東海支部学生会主催第41回学生員卒業研究発表講演会(平成22年3月8日:名城大学)において,専攻科電子機械工学専攻第2年長坂泰治君が発表した「力帰還型バイラテラル制御を用いた遠隔制御装置の製作と操作体験プログラムの作成」(指導教員:機械工学科兼重明宏教授)が,審査の結果,Best Presentation Awardを受賞しました。発表件数151件中3件の受賞でした。




2010.3.4-5

見学旅行

平成21年度機械工学科第4学年は,平成22年3月4日(木)〜3月5日(金)に、関東方面へ見学旅行に行ってきました。高専からバスに乗って出発し、途中、何度が高速道路SA、PAに立ち寄り、1日目の見学先である羽田空港にあるANA機体メンテナンスセンターに到着しました。  はじめに全体の説明を聞いた後、実際に整備を行っている広大な格納庫(東京ドームの約1.8倍)を見学しました。高所から全体を見た後、階段を降り、飛行機前まで近づき、まぢかに機体やエンジン、また整備を行っているところを見ることができました。見学終了時には皆で集合写真を撮りました。  その日は、品川プリンスホテルに宿泊しました。  2日目は山梨県にあるリニア見学センターを見学しました。雨の天気予報がはずれ,途中の高速道路から雄大な富士山を眺めながら,10時30分ころ見学センターに到着しました。見学センターでは,実験線の工事のため、残念ながらリニア車両を見ることはできませんでしたが、500km/hを超える速度で走行できるリニアモーターカーについて、詳しく知ることができました。





2010.2.4

創造総合実習成果発表会

平成22年2月4日に,3年機械工学科創造総合実習成果発表会が開催されました。写真は学生グループが作ったスターリングエンジンです。見事に動きました。この実習の詳細は写真をクリックしてください。





2010.1.31

吹奏楽部が定期演奏会

1月30日豊田市民会館大ホールで,吹奏楽部が定期演奏会が開催されました。機械工学科の5年生3人がそれぞれ指揮,テナーサックス,トランペットで活躍しました。







2010.1.20

第46回耐寒マラソン大会

平成22年1月20日に開催された第46回耐寒マラソン大会において,学科対抗の部で機械工学科が優勝,またクラス対抗の部で2年機械工学科が優勝した。学科対抗は昨年度(第45回)が準優勝,一昨年(第44回)が優勝であり,2年ぶりの優勝となった。





2008.11.28

日本機械学会東海学生会見学会「からくり技術展」

日本機械学会東海学生会見学会「からくり技術展」(豊田高専担当校)が平成20年11月28日(金)午後3時から本校図書館1Fの多目的ホールで行われました。 解説・実演は、本校校長の末松良一先生と名古屋在住のからくり人形師 九代 玉屋庄兵衛 先生によって進められました。 玉屋先生の作られた「茶運び人形」や、江戸からくりの最高峰といわれる「弓曳童子」の機構の詳しい説明とともに、参加者の目の前で実演して頂きました。 人形の弓が的に当たったときは、会場から拍手が起きました。 さらに、愛知万博で創作された唐子指南車(模型)の実演もありました。 解説・実演が一通り終了した後、参加者は展示されているからくり人形や、作製中のからくりを取り囲んで、間近に眺めたり、時には触れたりしました。 また疑問に思ったことは2人の講師の先生に多いに質問し、とても有意義な、楽しい見学会になりました。







2007.10.21

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2007 東海北陸地区大会

アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2007 東海北陸地区大会 競技課題「風林火山 ロボット騎馬戦」が 東海北陸地区の10高専,20チームが参加し, 平成19年10月21日(日),富山工業高等専門学校第1体育館で 開催されました。結果をお伝えします。 豊田Aチーム(機械チーム)「倭」は,第1回戦に富山Aと対戦し, 惜敗しました。 豊田Bチーム(電気チーム)「騎槍展開」は,第1回戦,第2回戦と 勝利しましたが,第3回戦に富山Bに惜敗しました(ベスト8)。 豊田Bチームは,デザイン賞を受賞しましたが,本校Aチーム, Bチームともに,残念ながら全国大会出場チームには選ばれませんでした。 この地区大会の模様は,平成19年11月25日(日)午後2時から NHK総合テレビで放映されます。





2007.6.16

第21回Hondaエコノパワー燃 費競技鈴鹿大会

6月16日(土)に鈴鹿サーキットで行われた「第21回Hondaエコノパワー燃 費競技鈴鹿大会」に自動車部のチームが参加しました。 競技内容は、Honda製の50ccのエンジンを使い、ガソリン1リットルで何 km走れるかを競うものです。コースは、国際レーシングコースの東コー スを使う1周約2.2kmのコースです。競技では8周を制限時間内に走ると、 完走として記録が認められます。 本校チームは、残念ながら1周目の途中、このコースで難関とされるダ ンロップコーナーの上り坂でリタイアしました。本番数時間前の午前中 に行われたフリー走行では、いいペースで問題なく走っていただけに、 途中リタイアという結果は想定外でした。次回は、完走して記録が出せ るように改良を重ねて行きたいと思います。





2007.3.6-8

見学旅行

3月6日(火)〜3月8日(木)の2泊3日で、機械工学科第4学年の見学旅行を行いました。





2007.1.15

街角ぽけっと

昨年12月19日に地域のローカルテレビ局「ひまわりネットワーク」が機械工学科ロボコンチームのテレビ取材をしました 。その放映が決まりました。チャンネル:ひまわりチャンネル121ch(ディジタル)、21ch(アナロ グ) 番組名:「とよたNOW」(30分)の中の「街角ぽけっと」(7分) 放送日:1月15日(月)〜1月20日(土) 放送時間:  15日…………18:30,19:30,21:00,23:00  16〜19日…7:30,10:00,12:00,13:00,14:0 0,17:30,18:30,19:30,21:00,23:00  20日…………7:30,9:30,12:00,16:30 ぜひご覧ください



2006.11.26

特別賞を受賞

豊田高専機械工学科チーム”TOTOYA”が,ロボットコンテスト全国大会で特別賞を受賞しました。 地区大会のフォトギャラリー 全国大会のフォトギャラリー



2006.11.5

こうよう祭

豊田高専の文化祭「こうよう祭」が3日と4日に開かれ、学科展で4年機械工学科の4Mスイッチが1位に選ばれました。画像をクリックすると動画を見ることができます。





2006.10.29

NHKロボットコンテスト東海北陸地区予選

NHKロボットコンテスト東海北陸地区予選が沼津市民体育館で行われました. ←詳しい模様は左の[ロボットコンテスト]からどうぞ!機械工学科のロボコンAチームはこの大会で特別賞を受賞し,11月26日に両国国技館で開催される全国大会への出場を決めました! この(地区予選の)模様は11月23日(勤労感謝の日)に午後1時5分から総合テレビで放映されます.



2006.10.7

学校見学会開催

今日と明日,学校見学会開催中です.機械工学科ロボコン出場マシンも公開しています.予約なしでもOKですのでぜひ豊田高専においでください.





2006.7.15

JABEE認定

5月末のJABEE認定にともなって,3月に卒業した専攻科生に認定証の授与が行われました.認定式の後,茶話会があり,校長や事務職員も交えて近況について歓談しました.





2006.6.17

第20回HONDAエコノパワー燃費競技鈴鹿大会

自動車部が鈴鹿サーキットで行われた第20回HONDAエコノパワー燃費競技鈴鹿大会に出場しました. 結果は2位相当の成績を残しましたが,残念ながら手続きミスで記録なしに終わりました.





2006.5.29

「機械工学プログラム」の認定証

JABEEから,「機械工学プログラム」の認定証が届きました. これで,機械工学科および,専攻科:電子機械工学専攻卒業生は,JABEE課程修了生となります. 昨年度卒業した学生にも卒業証がこの夏に渡される予定です.





2006.4.26

同窓生による講演会

同窓生による講演会が開かれました. 先輩からの,有意義で貴重なアドバイスに耳を傾けるひとときでした.





2006.4.7

特別実験開始

専攻科2年生の特別実験が始まりました. これから半年,キットカーの組み立てと性能評価をしていきます.





2006.4.5

新1年生ホームルーム

午後1時から,新入生(1年生)のホームルームで,機械工学科の現状の説明がありました.機械工学科の未来は君たちのがんばりにかかっています.





2006.4.4

入学式

入学式が行われました.機械工学科に43名の新入生が入学しました.1人も欠けずに卒業してくれることを祈っています.



PAGE TOP